ソファのおすすめの選び方。以外と大事な点と落とし穴。

ソファーを選ぶにあたって大事なポイントはなんでしょうか?一人暮らしで使う場合、家族で使う場合など住む人の人数で異なる場合のほかに、リビングで使う場合やワンルームで使う場合など様々な使い方がありますよね。今回はそんなソファーを選ぶ際に考慮すべき大事な部分をお伝えします。

ソファーのおすすめの選び方

使う人の人数で選ぶ

使う人が1人なら1任掛けか2人掛け、2人なら2人掛け、3人以上なら3人掛け以上がおすすめです。座る際の座面幅は一人当たり約60cmは見ておきたいところ。もし二人で座る場合はソファの横幅は120cmは欲しいところです。体重が60キロまでの小柄な人であれば120cm迄でも座ることができますが、体重が70kgを超える人が二人座るのであれば少し窮屈かもしれません。もし二人で余裕をもって座りたい場合は150cm以上の横幅があるソファを選ぶのがおすすめです。

使う場所で選ぶ

ソファーを選ぶ際、ダイニングで使う場合は座面が硬めのソファを選ぶのがおすすめです。長時間座る場合は硬すぎず柔らかすぎないものを選ぶようにしましょう。柔らかすぎるソファだと体が沈み込みすぎてしまい支える力で逆に体が疲れてしまうので注意が必要です。逆に寝室やリビングなどゆったり休憩する場所で使う場合は柔らかめのソファがおすすめです。

使い道で選ぶ

長時間の読書や作業を行う場所で使う場合に着目してほしいのは机との高さです。机とソファを合わせて使う場合、適切な差がないと肩や腰が疲れてしまい、身体の凝りに繋がってしまいます。またリビングの真ん中に置くようなロータイプのセンターテーブルは長時間の作業に適していないので注意が必要です。ソファとテーブルを組み合わせて使う場合はソファに座った際に膝と机の下までの長さの差が30cm以上あるのが丁度良いとされる目安です。今後新しくソファを買う際は実際に座ってみて机との差を測ってみるのがおすすめです。

部屋のインテリアに合わせて選ぶ

一般的に部屋のインテリアに合わせやすいのは薄い青やブラウンといったベースカラーと調和しやすい色です。白やナチュラル系の色をベースとした部屋であれば比較的どんな色でも合わせやすいですね。また部屋全体が淡い色もしくは薄い色ではっきりとしない場合は濃いめのブルーやイエローを選んで存在感を出すのもいいかもしれません。注意しておきたいのはあまりにも原色に近く濃い色を選んでしまうと全体の雰囲気から浮いてしまい色が孤立する可能性があります。インテリアでソファを選ぶ際にはまず今の部屋の色合いからみて合わせやすいかどうかをベースに考えるのがおすすめです。