高級ソファはアルモニアがおすすめな理由と口コミを紹介します

高級ソファは沢山のブランドがから出されています。海外の有名ブランドだと、アルフレックスやフレデリシア、ボーコンセプトなど沢山の有名ブランドがありますね。今回はあえて国内で注目を集めるアルモニアのソファをご紹介します。アルモニアはソファで年間60億円以上を売るモダンデコから出されたブランドで高級ブランドながらネットで手頃な価格で買えることで注目を集めています。アルモニアではローソファやフロアソファはもちろん、カウチソファは日本全国の人に人気です。またアルモニアの中でも人気シリーズであるventoやnubeなどをはじめ、bellaやanteまで幅広いシリーズをご紹介していきます!

アルモニアの特徴

これまでのソファ製造技術を活かして生産

アルモニアはモダンデコのブランドで培ったソファの製造ノウハウがあり、それを活かした生産を行っています。そのため、車のように生産ラインが出来上がっており、より短期間に大量の高品質なソファの生産を可能にしています。人気があるブランドで在庫が品薄ながらも短期間で生産できる体制を作り上げているのでいつでもおしゃれなソファを買うことができるのです。

沢山の雑誌に掲載され話題に

メンズ・レディース問わず、沢山のファッションやインテリア雑誌に取り上げられ、ここ数年で一気に知名度が高まりました。代表的なメンズ雑誌で言うと、30代を中心とした購読者を抱えるmens exやpen、レディース雑誌ではグリッターやジンジャーなどファッションの中でも人気の雑誌で取り上げられています。外に出かける時のファッションだけでなく、過ごす時間の長い家の中もオシャレにしたいという人が増えており、人気になっている理由の一つになっています。

硬すぎず柔らかすぎないクッション

楽天やAmazonの安売りされているソファではクッションが柔らかすぎたり、硬すぎたりして使えない場合が多々あります。安売りされているソファは素材が悪く、中国やインドなど東南アジアで安価な素材を使っているので硬さが極端になってしまうのです。一方でアルモニアの場合は座面の硬さを左右するウレタン素材を高級なものを扱うことで丁度いいバランスの硬さに仕上げているのです。北欧のウレタンはかなり高価格で普通のソファでは使い辛いのですが、アルモニアの場合は店舗を少なくし人件費を抑えることでソファへの原価を掛けることが可能になっています。より手頃な価格で高品質なソファを購入できる秘訣にもなっています。

アルモニアでおすすめの商品トップ3

vento(ヴェント)

アルモニアと言えば、やっぱりventoではないでしょうか。ventoは楽天のランキングでも1位をとったことのある高級ソファです。カウチスタイルながらオットマンの取り外しが可能なので場所を選ばず使うことが可能です。L字型にも使えるので壁の隅に寄せて使うこともできますよ。

ソファの下のカバーはエンジと灰色から選ぶことができ、灰色は白ベースの部屋に、エンジは少し比べでダークな印象の部屋に合わせやすそうなソファです。5年10年と長く使えるソファを探している人には是非おすすめしたいソファです。

bella curva(ヴェラカウヴァ)

bella curvaはファミリーで使うのにお勧めのソファです。長いカウチが付いている3人掛けで、カウチ部分では足をグッと延ばして座ることができますよ。リラックス全開で寝転べるので疲れた日にごろんとするのは最高のソファですよ。

色は黒と白の二つから選ぶことができます。特に白は真っ白でレザーを使っているので高級感をそのままに、白の清潔感を部屋のインテリアに活かすことが可能です。白ベースの部屋に置くソファとしてもおすすめですね。

NUBE(ヌーベ)

足元がかわいいヌーベは北欧風のスタイルの部屋におすすめのソファです。四角いセンターテーブルを前においてリビングにも使えるソファです。

クッションにもボリュームを持たせているので、寝転がった時にもしっかりと支えてもらうことができ、気持ちよすぎてそのまま寝落ちすることも。普段使いもでき、リラックス使いもできる幅広い使い道を考えたソファならヌーベがおすすめです。

ワンルームに合うおすすめのソファは?

6畳〜8畳くらいのワンルームでは置ける家具も決まってきますね。部屋ではできる限りくつろぎたいけれども、大きい家具をおいて狭くはしたくないのが本音。コンパクトでくつろげるソファががあると理想です。今回はそんなワンルームで暮らす人やこれから暮らす人におすすめのソファはどんなものがあるか?上げていきたいと思います。

部屋でめいいっぱいくつろぎたいなら小さめのビーズクッションがおすすめ

ビーズクッションは無数のビーズからできているクッションです。そのため全身を無数の点で支えてくれるので全身をあずけてくつろぐことが可能です。正方形のものが多く、普通のソファに比べて場所をとるイメージのあるビーズクッションですが、小さいサイズを選べばソファと兼用して使うこともできます。一人で使うのであれば座椅子と同じくらいのスペースで利用できるので狭いワンルームでもおすすめですよ。

1.5人がけのカウチソファなら場所を取らずに足を伸ばせる

カウチソファは2人がけ以上のものが一般的ですが、ワンルームに置くのであれば1.5人がけの小さめのカウチソファがおすすめです。幅は150cmぐらいなのでちょうど1.5畳分ほど。一人でつかう目的であれば、広すぎず、狭すぎない大きさなのでおすすめです。カウチなのでゆったり腰をもたれて足を伸ばしてゆうゆうとくつろぐことができますよ。

ベッド分のスペースを効率的に使うならソファベッドがおすすめ

シングルベッドとはいえ、6畳ほどの広さだと部屋の半分ほどのスペースを取ってしまい、置ける家具も限られてしまいます。より広い家具やインテリアの選択肢を持つのであればベッドをなくしてソファベッドに置き換えるのがおすすめです。ソファにもベッドにもなるのでスペースも半減。寝るときだけ広げればいいのでインテリアも楽しめるので一石二鳥です。よりスペースを効率的に使いたい、インテリアを楽しみたい、という方であればソファベッドがおすすめです。

フロアソファとは?おすすめの場所、効果を紹介!

フロアソファってどういうソファ?

フロアソファとはロータイプのソファでダイニングなど少し広めの部屋に置くのが最適なソファのことです。ローソファともほぼ同じで、座面の裏側が地面と触れるように作られているのが特徴的ですね。座面は低く作られていますが、背もたれはローバック、ハイバックと低めのものと高めのものから選べるソファが多いです。低めにつくられているものの、よりくつろげるように背もたれはゆったりとハイバックタイプがおすすめですね。クッションはふわふわでウレタンがみっちりはいっているものが多いのもフロアソファの特徴と言えます。

フロアソファはどういう時に使うのがおすすめ?

フロアソファが特に活きる部屋は10畳前後の部屋ではないでしょうか。少し広めのリビングやダイニングに置くソファとしておすすめです。フロアソファにローテーブルを組み合わせれば食事や作業の場として使えますよ。

フロアソファは何人がけ?

フロアソファはテーブルを囲む、3-4人がけが基本の大きさです。一人暮らしだと少し広く感じてしまうので、少なくても夫婦などの二人暮らしや子供づれの三人暮らし以上の家庭に置くのが理想ではないでしょうか。8畳ワンルームに三人がけフロアソファを置いてしまうと、それだけで広さをとってしまうので注意が必要です。もし狭い部屋でもどうしてもフロアソファが置きたい時は一人用のロータイプのソファを置くのがおすすめです。クッションタイプであればよりくつろぎ感が増しますよ。

フロアソファの効果は?

部屋が広く見える効果がある
フロアソファは目線が低いので部屋が広く見える効果もあります。椅子のように上半身が突き出ることもないので人の視野が遮るものがないことが理由でしょう。フロアソファを利用する場合、10畳ほどの広さがあればより開放感を感じられるでしょう。

ソファのおすすめの選び方。以外と大事な点と落とし穴。

ソファーを選ぶにあたって大事なポイントはなんでしょうか?一人暮らしで使う場合、家族で使う場合など住む人の人数で異なる場合のほかに、リビングで使う場合やワンルームで使う場合など様々な使い方がありますよね。今回はそんなソファーを選ぶ際に考慮すべき大事な部分をお伝えします。

ソファーのおすすめの選び方

使う人の人数で選ぶ

使う人が1人なら1任掛けか2人掛け、2人なら2人掛け、3人以上なら3人掛け以上がおすすめです。座る際の座面幅は一人当たり約60cmは見ておきたいところ。もし二人で座る場合はソファの横幅は120cmは欲しいところです。体重が60キロまでの小柄な人であれば120cm迄でも座ることができますが、体重が70kgを超える人が二人座るのであれば少し窮屈かもしれません。もし二人で余裕をもって座りたい場合は150cm以上の横幅があるソファを選ぶのがおすすめです。

使う場所で選ぶ

ソファーを選ぶ際、ダイニングで使う場合は座面が硬めのソファを選ぶのがおすすめです。長時間座る場合は硬すぎず柔らかすぎないものを選ぶようにしましょう。柔らかすぎるソファだと体が沈み込みすぎてしまい支える力で逆に体が疲れてしまうので注意が必要です。逆に寝室やリビングなどゆったり休憩する場所で使う場合は柔らかめのソファがおすすめです。

使い道で選ぶ

長時間の読書や作業を行う場所で使う場合に着目してほしいのは机との高さです。机とソファを合わせて使う場合、適切な差がないと肩や腰が疲れてしまい、身体の凝りに繋がってしまいます。またリビングの真ん中に置くようなロータイプのセンターテーブルは長時間の作業に適していないので注意が必要です。ソファとテーブルを組み合わせて使う場合はソファに座った際に膝と机の下までの長さの差が30cm以上あるのが丁度良いとされる目安です。今後新しくソファを買う際は実際に座ってみて机との差を測ってみるのがおすすめです。

部屋のインテリアに合わせて選ぶ

一般的に部屋のインテリアに合わせやすいのは薄い青やブラウンといったベースカラーと調和しやすい色です。白やナチュラル系の色をベースとした部屋であれば比較的どんな色でも合わせやすいですね。また部屋全体が淡い色もしくは薄い色ではっきりとしない場合は濃いめのブルーやイエローを選んで存在感を出すのもいいかもしれません。注意しておきたいのはあまりにも原色に近く濃い色を選んでしまうと全体の雰囲気から浮いてしまい色が孤立する可能性があります。インテリアでソファを選ぶ際にはまず今の部屋の色合いからみて合わせやすいかどうかをベースに考えるのがおすすめです。

選び方を工夫して自分に合うソファを選ぼう

上記に挙げたように、ソファは色んな視点から選ぶことが大事です。それと同時に、自分のニーズを満たしてくれるような沢山の種類のソファを揃えるサイトで購入するのがおすすめです。店舗では展示数が限られているので、まずは通販で数多くのソファを見比べてから選ぶのがおすすめです。特に、komono storeのソファはおしゃれなものが揃っており、一見の価値がありますよ。自分に合った予算で、自分に合った場所や使い道を考えた上で、お気に入りのソファを選んでくださいね。